脱毛

尻毛(けつ毛)のメンズ脱毛はおすすめ!実際に脱毛した男の体験談

尻毛(けつ毛)がうじゃうじゃ、キモチワルイ!

「え、まだ脱毛してないの?」

ひげ脱毛、全身脱毛、VIO脱毛すべてコンプリートしたわたしが、尻毛(けつ毛)脱毛のメリットデメリット、気になる料金など解説します。

 

尻毛(けつ毛)脱毛とは

尻毛(けつ毛)脱毛とは、その名の通り尻毛(けつ毛)を脱毛することです。

尻毛(けつ毛)がうじゃうじゃ、気持ち悪いですよね。

最近では、脱毛が女性だけでなく男性にとっても当たり前になってきました。 だれに見せるものでもありませんが、ベッドでお尻を見られたとき、毛むくじゃらだったらひかれてしまうかもしれません。

尻毛(けつ毛)は自分で剃るとダメージを与えてしまいますし、ジョリジョリ感も残ってしまいます。

今よりもっとカッコよくなるために、いますぐ尻毛(けつ毛)脱毛を始めましょう。  

 

尻毛(けつ毛)脱毛のメリット、デメリット

尻毛(けつ毛)脱毛について、気になるメリット、デメリットをご紹介します。

尻毛(けつ毛)脱毛のメリット

尻毛(けつ毛)脱毛には、次の2つのメリットがあります。   

  • 脱いだときにひかれる可能性が減る
  • 清潔感アップ

脱いだときにひかれる可能性が減る

お尻を見られる機会はそう多くありませんが、ベッドに入ってパンツを脱いだ時、お尻の毛が樹海になっていてはひかれてしまいます。尻毛(けつ毛)脱毛をすれば、そんな心配はなくなります。

清潔感アップ

尻毛(けつ毛)が生えていると、大便を催したときについてしまうことがありますが、尻毛(けつ毛)脱毛をすれば、大便がお尻まわりに付着しにくくなります。

 

尻毛(けつ毛)脱毛のデメリット

尻毛(けつ毛)脱毛のデメリットは、個人的な感想から言えばハッキリ言ってありません。

尻毛(けつ毛)は、運動したときなどの皮膚同士の摩擦を減らし、刺激を減らすために生えていると言われています。

ただ、今は陸上選手でもない限り毎日走り続ける時代ではありません。 そのため、尻毛(けつ毛)なんて百害あって一利なしです。

尻毛(けつ毛)毛脱毛のデメリットは個人の感想から言えばありません。  

 

尻毛(けつ毛)脱毛の痛みはどのぐらい?

尻毛(けつ毛)脱毛は正直痛いです。

わたしはひげ脱毛、全身脱毛、VIO脱毛どれも経験がありますが、尻毛(けつ毛)は広範囲に生えており、比較的痛みを伴います。

なお、肛門まわりは特に痛いと言われていますが、これは人によって差があります。わたしは肛門まわりより、お尻全体に生えている部分の方が痛かったです。

もし痛みが気になるようであれば、笑気麻酔(ガスを吸入するタイプの麻酔)や麻酔クリームもあり、クリニックで買うことができます。

ただ、尻毛(けつ毛)の脱毛であれば麻酔クリームを塗るにしても広範にわたるため、これらは使わない場合が多いと思います(わたしは使いませんでした)。  

 

尻毛(けつ毛)脱毛の回数は?

尻毛(けつ毛)脱毛の回数は5回や6回を基準にしているところが多いです。

永久脱毛であっても、1回打ってもぜんぶの毛が無くなるわけではありません。

表面に出ている毛だけではなく、まだ表面に出てきておらず、お尻の肉の中に埋もれている毛もあります。

そのため、6回ほど打ち、少しづつ毛量を減らしていきます。  

 

尻毛(けつ毛)脱毛の期間は?

尻毛(けつ毛)脱毛の期間は1年間かかります。

1度脱毛のレーザー照射をしたあと、2か月ぐらい期間を空けなければなりません。

毛には毛周期というものがあり、タイミングよく照射しなければ効果が薄く、また、お尻にもダメージを与えてしまいかねません。

そのため、6回照射×2か月で1年ほどかかると考えておきましょう。  

 

尻毛(けつ毛)脱毛の料金は?

尻毛(けつ毛)脱毛単体の料金は、肛門を除くお尻全体で1回2万円、肛門周りで1回12,000円ぐらいです。

お尻は照射範囲が広いため、脇などと比べると料金は高めです。

ただ、毎日自己処理する時間を考えれば非常にお得と言えます。

 

尻毛(けつ毛)は自己処理より脱毛すべき?

結論から言えば、尻毛(けつ毛)は自己処理より脱毛した方が良いです。

「お金がもったいない。尻毛(けつ毛)の脱毛なんてしなくても自己処理すればいいじゃない」という方もいると思います。

ただ、尻毛って剃りにくいです。

カミソリやシェーバーを使って、或いは鏡を見ながらお尻に生えた毛を剃ることになりますが、切って血が出てしまうこともあります。

また、自己処理の場合は1週間2週間したら、再度生えてきます。

何回剃っても何回剃っても生えてきて、時間も非常にもったいないです。

なので、尻毛は脱毛した方が良いでしょう。

 

尻毛(けつ毛)脱毛の体験談

わたしは尻毛(けつ毛)脱毛をクリニックで行いました。

脱毛するときは、下半身全裸になります。

ちなみに、担当してくれるのは若いナースではなく、残念ながら男性です。

上半身の脱毛では女性の看護師が担当するケースが多いですが、下半身の脱毛の場合は男性の看護師が担当につきます。

前日にお尻の毛をすべて剃ってから脱毛に向かいます。

そして、ツルツルもしくはジョリジョリになったお尻を男性の看護師に見せつけ、レーザー照射してもらいます。

お尻の骨にあたるときは痛いですが、耐えられないほどの痛みではありません。

肛門まわりを脱毛するときは、お尻をグッと広げます。肛門を見せつけましょう。

向こうも、男性のお尻を毎日見慣れていますので、作業的にやってくれます。恥ずかしがる必要はありませんよ!

ちなみに、肛門まわりの脱毛は、私は痛くありませんでしたが、人によってはかなり痛みを感じるそうです。

-脱毛

Copyright© アラフォー年収1000万男の婚活日記 , 2021 All Rights Reserved.